だれが?どうやって?ポーランドの「ゆがんだ森」

謎の松林
ポーランド北西部の都市シチェチンSzczecinから南に30キロほどのグリフィノGryfinoには一方向に向かって湾曲した松が並ぶ一角があります。ここはポーランド語でKrzywy Las クシヴィ・ラス(ゆがんだ森)と呼ばれており、面積は0.3ヘクタールほど。その一帯におよそ100本の歪んだ木が一定の間隔をあけて育っています。列にして22、それぞれ125cmの間隔があいていることから、これらの木々は人為的に作られたものと考えられています。ただ、だれが何の目的で育てたのかは証言も証拠もなくまったくの謎となっているのです。

だれがこれを作ったのか
松の木が植樹されたのは第二次世界大戦前の1934年とのことで、現在では高さが11から12メートルある木々のちょうど10センチから55センチ付近が北方向に向かって一斉に曲がっているのを見れば、魔法でもかけられた森の中に迷い込んだのかなというような気分になります。
それぞれの木をよく見るとちょうど節のところが曲がっているため、その部分の年輪から樹齢7年から10年の時に何らかの理由で曲げられたのだと推測することができます。湾曲した形が曲げ木の家具や樽を作るのに便利だからとか、あるいは漁船を造るためだとかという実用的な理由からが最もらしいのですが、1945年の春にここを通った戦車が若木を傷つけてこういう形になったのではという説もあるそうです。
何世紀も前の話ではないにもかかわらず、いまだにこの曲がった木がどうしてここにあるのかは完全なる謎になっているのはおもしろいですね。
この「ゆがんだ森」はマニアックで観光客もほとんどいないようなシチェチン近郊の穴場スポットです。アクセスはシチェチンから電車またはバスになります。電車の方が所要時間が約半分ですが、本数は多くないので帰りの時間をよく考えてが方がよいと思います。

車道から見た森への入口。ここから徒歩で5分ぐらいです。
森の中を進み、2回左折するとまがった松が林立するエリアへ。
みごとな「し」の字の松が均等な間隔で並んでいます。

 

アクセス  (運賃は2018年7月現在)
[列 車]

1.シチェチンより
シチェチン本駅Szczecin Głównyから電車で26分Dolna Odraで下車、徒歩10分。運賃8.2PLN
時刻表検索 www.e-podroznik.pl (上の駅名を入力)
現在シチェチン発8:42, 12:40, 15;56等となっていますが列車の本数が少なく、夏場なら次のパターンで時間の節約できます。
見学には15分あれば十分です。
Szczecin発 15:56-Dolna Odra16:21着
Dolna Odra発17:17-Szczecin 17:43着

2. ベルリンより
Berlin Lichtenberg駅からコスチシンKostrzynへ行き乗換えます。
時刻表検索 www.bahn.com/en/

[バ ス]
シチェチン・バスターミナルからドルナ・オドラDolna Odraまで1時間から2時間に1便あり、所要時間は1時間5分です。運賃5.8PLN
時刻表検索 http://www.pksszczecin.info/index.php?lang=en

© 2018ポーランド見聞録All Rights Reserved. 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。