赤い2階建てバスで親しまれているPolski Bus。列車より時間はかかるものの普通の運賃でも電車の3分の1以下、早割と特割なら数百キロの路線が数百円で乗れるチャンスもあるバスとしてリピーターも多いですが、12月に発表があったとおり今年4月からミュンヘンに本社があるFlix Busがポルスキバスの路線を運行すると決まったため、4月末で同社の運行は終了し、5月からはフリックスの緑色のバスが走るようになります。

フリックスバスはヨーロッパ、とくにドイツ、中欧、西欧を結ぶ路線を持つバス会社で、これまでのポルスキバスの路線に比べて便数と目的地をさらに拡大したサービス提供を目指すということです。ポルスキバスは2015年から業務提携をしており、ベルリン、プラハ、ウィーン、ブラティスラヴァ、ブダペストなど近隣諸国の首都へネットワークを広げていました。
フリックスバスの運賃体系やサービスについてはホームページをご覧ください。携帯アプリも提供しているので旅行予定ならアプリの利用をおすすめします。

携帯アプリはこちらから

フリックスバスではオンラインからは予約手数料なしで直前(出発の15分前まで)予約できます。無料WiFi、足元に余裕をもった座席、また42 x 30 x 18 cm 7kgまでの手荷物1個の車内持ち込みともうひとつ 80 x 50 x 30 cmで20kgまでの手荷物まで預けることができることになっています。車内にはトイレ完備、軽食の販売も行っているのでもし出発前に何も買う時間がなかったとしても快適な旅行を楽しめそうです。
ゴールデンウィークにお出かけなら、一度フリックスのホームページにアクセスしてみるといいですよ。

Flix Bus  www.flixbus.com

情報ソース

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村