クシシュトプル城 – 時空を超えて17世紀の古城ロマンを体感

ポーランド南東部を見るとキェルツェKielceという都市があります。その近くのウヤズドUjazdにはクシシュトプルという城の廃墟が残っており、地元では有名な観光名所に数えられています。
この一帯は12世紀頃よりシトー会修道院の領地でしたが、1619年に名門貴族のクシシュトフ・オソリンスキが相続したことが記録されています。オソリンスキは深い教養を持っていた人物で、文学、芸術、政治に外交と幅広い分野で活躍しました。そんな彼が実現したいと思っていた大きな構想がこの城の築城でした。地元の貴族たちが集って地方政治と文化の中心になり得る立派な城を作りたい、その夢を実現するには
1627年から44年までの17年もの時間が必要でした。
 クシシュトプル城について語るとき大切なのは「1年」単位の時間です。設計したのは17世紀のスイス・グリゾン州出身の建築家ヴァヴジニエツ・セネスWawrzyniec Senesでした。城内には4か所に塔があり、その数が意味しているのは「四季」でした。また1年は12か月あるのににちなんで大広間は12室、1年は52週あることから部屋数が52室、さらに窓の数は1年の日数と同じ365ヶ所にあったのです。しかし、残念ながら17世紀の設計図が失われてしまっているため、その細部が具体的にどのような形状をしていたのかは不明だそうです。 クシシュトプル城はルネサンス期にイタリアから伝わったPalazzo in fortezza様式の城。つまり、要塞としての機能を持つ城で、このクシシュトプル以外にはクラクフからも近いノヴィ・ヴィシニチ城(写真下)、バラヌフ・サンドミエルスキ城などが同じ様式になっています。
ノヴィ・ヴィシニチ城はクラクフの西にあり、移動の所要時間は車で1時間ほど。

念願の城の完成を喜んだのもつかの間、施主のクシシュトフ・オソリンスキはわずか1年後に他界し、息子のクシシュトフ・バルトヴィンが後を継ぎました。しかし、それから3年後にはボフダン・フミェルニツキの先導したコサック蜂起とタタール人来襲に備え東部国境にフサリア(ポーランド軍の騎兵隊)を率いて出征したクシシュトフ・バルトヴィン・オソリンスキは、タタール人の矢で致命傷を負い戦死し、それ以来、クシシュトプル城には白馬にまたがった黒騎士クシシュトフ・バルトヴィンの亡霊が現れるといわれています。
 後継ぎのいなかったクシシュトフ・バルトヴィンの死でオソリンスキ家は断絶し、遠縁のカリノフスキが城を相続しました。しかし時は「大洪水時代」。ポーランド史のなかで「大洪水」と形容されるこの時代は、スウェーデン軍の侵略に悩まされ続けた時代であり、クシシュトプル城も押し寄せてきたスウェーデン軍によって調度品など価値のあるものが略奪されるという出来事が起きました(1655年)。
 幸か不幸か、その時には建物の構造自体には被害は受けなかったのですが、後の「バール同盟」の戦いで大破してしまったことは非常に残念です。

オソリンスキ家の家紋には斧が描かれている

クシシュトプルという名称は次の2つの名詞から成り立っています。ひとつ目は十字架でポーランド語でKrzyż(クシシュ)といいます。これはオソリンスキの信仰と知事としての地方行政のシンボルと信仰の証である十字架を表しています。二つ目は手斧topór(トプル)。こちらはオソリンスキ家の紋章に由来していて、城門にはその二つが掲げられています。実際にどういうイメージだったのかを創造できるようにCGで再現した動画をご紹介しましょう。

 
                                

開館時間:
4月~9月  月曜日~日曜日 8:00-20:00
10月    月曜日~日曜日 8:00-17:00
11月~3月 月曜日~日曜日 8:00-16:00

情報:
名称 Instytucja Kultury – Zamek Krzyżtopór w Ujeździe
住所 Ujazd 73, 27-570 Iwaniska
tel.    15 860 11 33
e-mail: zamek@krzyztopor.org.pl

公式サイト http://www.krzyztopor.org.pl/zamek/index.php?lang=en 

 入館料: 
4月~10月 
大人10PLN
11月~3月 大人8PLN 団体割引料金については公式サイトを参照

アクセス: ウヤズド(Ujazd)へはキェルツェ(Kielce)からレンタカーが便利。バスは直通の本数が極端に少ないため、2回の乗り継ぎが必要になります。
バス便検索: www.e-podroznik.pl 
宿泊:城の近くに評判の民宿があります。 1泊40PLNから
施設名称Gospodarstwo agroturystyczne PODZAMCZE(ポドザムチェ)
管理者     Ewa & Wojciech Nogaj
住所        Haliszka 19, 27-570 Iwaniska, Poland

コメントを残す